Infinity Press

ボクと洋画と海外ドラマ。

【流行】インスタバエ(映え)の末路を描く社会風刺作品『ブラックミラー』ランク社会

この先社会問題化するかもしれない⁉︎「インスタバエ」。 そんなSNS中毒を皮肉ったNetflix作品をご紹介。

近年大量発生の新種のハエその名も「インスタバエ」

今夏、何かとオシャレな写真をインスタグラムに載せる行為「インスタ映え」が話題となった。全部たべれないのに写真を撮るためだけにパフェやクレープを買っちゃう女子も多いそうです。

先日、代官山のとあるカフェで昼食を取ろうとしたら隣の席の女性がサンドイッチを半分以上残したまま立ち去っていったのです。確かにその店のサンドイッチは独特の形で切られており付け合わせのサラダもオシャレに盛られていて「さすが代官山。」と思ったりもしましたが個人的には残さず食べてほしいなと感じました。(というより残しちゃうなら最初から単品メニューで頼めばよいのに‼︎)

そんな行為を皮肉ったまさに「風刺画」がこの「インスタバエ」です。

ちなみにインスタバエTシャツやマグカップも販売しているそうです。

アストロ温泉 ( ASTROONSEN ) の【インスタバエ】Tシャツ ∞ SUZURI(スズリ)

まあ、SNSにのめり込むのはほどほどにね(汗)SNS中毒の私が言えることではないが…。 そんな話はさておき本題に入りますね。

もし人々の評価が全てSNSで格付けされる世界だったら?

『ブラックミラー』とは?

Netflixオリジナル作品『ブラックミラー』*1は、1話完結型のアンソロジー作品で現代社会における新たな技術が人々にどう影響を及ぼすのかをダークに描いている。本作は“21世紀のトワイライト・ゾーン”との評価がなされている。

そして、今回紹介するのはS3-1「ランク社会」というエピソードです。

S3-1「ランク社会」あらすじ
f:id:kyo_infinity:20170829073155j:plainf:id:kyo_infinity:20170829073211j:plain

SNSの☆による5段階の評価付けによって人間としての格付けがなされてしまう社会。人々は皆自分の評価を気にしてより良い評価を得るために他人に優しくしたり、愛想笑いをしたりしているのだ。 なぜ皆気にするかって?なぜならあまりにも低い評価(☆3.0以下)の人間になると周りから無視をされたり(評価の低い人間と関わる=同類との印象が付く)、生活する上で高評価(☆4.5以上)の人間とはサービスの質が大幅に違うなど苦労をすることになるからだ。

そんな世界で生きる主人公の女性レイシー(演:ブライス・ダラス・ハワード)もまたランクを日々気にしていた。ある日彼女は新居を探していたが気に入った家は☆4.5以上の人ならば格安で住むことができるがレイシーは☆4.3だった。 そこで必死に☆を上昇させるために努力をするのだったが大きく空回りをしてしまい逆に☆を下げてしまったのだった。 そんな時にセレブな結婚式に招待をされ、点数を稼げると有頂天になるが…。

S3-1「ランク社会」解説

結末から先に書くと彼女は息苦しい世界に限界を感じて、ありのままの自分であるべきだと考えるのですが…。最後には世にも奇妙な〜的なオチが待っている。

そして今作は、いいね稼ぎの現代の若者を皮肉っていると同時に潜在的に社会に潜在しているカーストについてもこの作品で風刺されている。社会的に充実した生活をしている人には同様に充実している人が周りにいる(=リア充)一方で社会的に充実しておらず不満の多い生活をしていて誰にも相手にされていない(=隠キャ)という区別を☆という評価として具現化しているのだ。

現実世界でも自分の評価を上昇させるために周りに良い顔をしている人、あなたの周りにいますよね。 大体はボロが出てますけど。

人工知能=A.Iに支配される世紀末映画(ターミネーターとか)があるけれどもそんな話は近い未来の話かもしれないが、SNSに人が支配されるのは時間の問題かもしれない。

その一方でSNSは自分磨きに役立ちQOL(=生活の質)の向上に繋がる面もあるのではないかと考えている。 今回の結論としては、“SNSは節度を持って利用しよう。”ということに尽きる。そして、『ブラックミラー』のように暗黒時代が訪れるのかどうか、信じるか信じないかはあなた次第です。

『ブラックミラー』は、Netflixにて全話配信中です。https://www.netflix.com

特別お題「夏の《映画・ドラマ・アニメ》」

Sponsored by Netflix

*1:シーズン1及び2は英・Channel 4作品